自費診療OWN EXPENSE MEDICAL CARE

自費診療とは?

保険で認められていない薬や材料を使用した場合は、
保険の適用外(自費診療)となります。
保険診療は歯科治療の一部です。

当院の自費診療の対応

治療の経過が思わしくない場合は、高次医療機関を紹介しています。

自費の根の治療

一人ひとりの顔が違うように、根の中の部屋の形も人それぞれです。
同じ方法(保険診療)で対応することには限界があります。
一人ひとりの歯根の形に合わせたオーダーメイドの対応(自由診療)も必要です。

根の治療とは?

むし歯がこじれると、歯の神経(歯の命・歯髄)の病気になります。放置すると、歯の神経は細菌に感染し腐ってしまいます。
さらに放置すると、歯の根っこが腐り、根の先に細菌の巣ができてしまいます。
その後は、歯は抜かれる道を歩んでいきます。

神経を失くした歯は、「歯の死」を意味し、もう100%の治療は不可能です。少しでも長く神経を失くした歯を残すためにできることが、「根の治療」です。

根の治療の成功率を上げる=歯を長く残すための提案です。
自費の根の治療を適正な費用で提供し、患者さんが「歯を残すことに時間と費用をかける」ことに関心をもってもらえれば幸いです。

不適切な治療の症例

当院の自費診療による症例

自費の根の治療の特徴
ラバーダム治療

ゴムのシートに小さな穴を開けて、そこに歯の頭を出し、金属製バネ(クランプ)で歯に固定する方法。

ココに注目!!
●唾液や細菌が外から侵入しない。
●口腔内から歯を遮断することができる。
マイクロスコープ(医療用顕微鏡)
ココに注目!!
最大20倍の拡大視野で観察できる
ミクロの世界(50ミクロン)が見えることで、治療の精度が向上する

MTA※自費治療でのみ毎回使用

欧米では当たり前の様に使われている成功率をあげる優れた薬ですが、日本では保険で認められていない高価なものです。20年の歴史があります。

根の治療(自費診療)の特色
自費診療
ラバーダム治療 ○ 使用
マイクロスコープ ○ 使用
器具素材 Ni-Tiファイル(チタン)
治療範囲 ◎ 3次元的に根の先まで
MTA ○ 使用
洗浄 ◎ 根の先まで洗う※注1
古い薬を取り切る ◎ 根の先まで取り切れる

保証について

どんなにいい治療でも100%の成功はありえません。今回の治療において、どうしても歯が持たない(抜歯するしかない)場合は、改めて治療方針の説明をさせていただき、代替となる治療を紹介させていただきます。

ページの先頭に戻る