自費診療OWN EXPENSE MEDICAL CARE

自費診療とは?

保険で認められていない薬や材料を使用した場合は、
保険の適用外(自費診療)となります。
保険診療は歯科治療の一部です。

当院の自費診療の対応

治療の経過が思わしくない場合は、高次医療機関を紹介しています。

1. 治療計画と
医療コンサルティング

一番気になっていることを解決した上で、なぜこのような状態になってしまったのか、口の中にどのような問題点があるのかを知るために、口の中全体を診査することが大切です。
1本の歯を治しても、口の中にある根本の原因を解決しなければまたすぐに再発し、治療を繰り返すことになってしまいます。なるべく治療を繰り返さないほうが、歯を失う可能性は減ります。口の中全体の診査・診断のあと、口の健康を回復し、生涯にわたって口の健康が保たれるよう、個人個人に合わせた治療計画を立てます。
歯科臨床で大切なことは、「診査・診断」に加えて、「治療計画」です。治療計画がしっかりとしていなければ、地図を持たずに冬の雪山に登るようなもので、よりよい治療結果は望めないでしょう。

治療計画と併せて、医療コンサルティングを行います。
医療コンサルティングとは・・・

① 患者さんの歯を含めた口腔がどんな状態なのか?
② 治療方針を伝える。③どんな治療オプションがあるのか。
④ それぞれのメリットとデメリットは?
⑤ リスクは?
⑤ 患者さんの利益は?
⑥ 理想と限界について話し合い、ゴールや治療の進め方について明確にする。

  • 医療コンサルティングは、保険制度にはありません。
治療計画を立てて、医療コンサルティングを行う流れ
お話を聞く (どうなったらよいと思いますか?)
診査・診断・情報収集
説明と同意
追加検査
治療計画の立案と医療コンサルティング
治療のゴール・費用・通院回数、通院期間の提示および予防計画・医療連携
患者さん自身で選択 (保険診療・一部自由診療・すべて自由診療)
治療開始
当院の治療計画の特徴

歯科は1科で、口腔科という考えをもった施設での研修経験から機能回復と病気の治療というふたつの側面から治療計画を立てます。当院では、3つの治療計画を立てた上で、患者さん自身で選択してもらいます。
(1)やり直しの少ない理想的な、長期治療計画
(2)外科的処置をのぞいた中期治療計画
(3)将来の理想的な治療を見据えた、短期治療計画

治療計画を保険外で立てる理由

保険内で治療計画を立てることは可能です。しかし、保険制度内での治療計画にはいくつか限界があります。

限界その1

保険診療内での治療は、療養担当規則=診療方針に従わなければなりません。保険制度開始から50年以上の間に医学の進歩があり、最善の治療イコール保険治療とはいえなくなりました。また、保険診療内で、個人個人に合わせた治療計画を全員に立てることは不可能です。保険制度に振り回されずに、最善の治療とは何か  を個々患者さんごとに考えて、治療計画を立てる必要があります。

限界その2

治療と予防処置を同時に行わないと、早期のやり直しや通院期間の長期化が予測される患者さんがいます。保険診療は疾病対象なので、予防処置は原則(例外はあります)できません。自費の治療計画には、個人に合わせた予防処置が組み込まれます。

時間をかけて診査・診断を行い、治療計画を立てて、
医療コンサルティングを行う費用について
診査・診断・情報収集 60分 / 1万円+検査費用
質疑応答、検査内容および費用の説明と同意 30分 / 5000円
検査 検査費用
医療コンサルティング(治療計画を含む) 60分 / 1万円
  • 金額はすべて税別となります。
時間をかけて診査・診断を行い、治療計画を立てて、
医療コンサルティングを行うことに向いている患者さん
  • なるべくなら自分の歯で一生を過ごしたい。
  • 「根の治療や歯周病の治療⇒痛みや腫れの再発⇒抜歯⇒インプラントという経験をされて、今までとは別の解決法を探している患者さん。
  • まとめて治療してもらいたい 治療期間を短くしたい。
  • 十分に説明してもらいたい。質問をする時間が欲しい。
  • 医療連携がとれている中で、安心して治療を受けたい。
  • 治療方法を選択したい。自分にとっての最善の治療を受けたい。

2. 口腔インプラント

3. 顎関節症と口腔顔面痛患者さんに対する自費診療

難しい症例の治療には、保険診療の適応外の治療が必要な場合があります。以下の項目に当てはまる場合は、患者さん本人に選択していただきます。

  1. 十分に時間をかけた医療面接、詳細に病状を把握し、世界標準の歯・口腔・顎(アゴ)・顔面の詳細な診査・診断を、時間をかけて(1時間以上)行う必要がある場合。
  2. 保険適応外の治療が、選択枝として考えられる場合
    トリガーポイント注射・オーダーメイドの理学療法(超音波治療・他動ストレッチ・バイオフィードバック療法・低周波刺激療法など)

以上のケースを自費診療で行う場合、完全予約制で、他の患者さんを同じ時間帯に診ることはありません。
慢性経過している場合には、病態が重複していることが多く、一回の診察で全ての症状をクリアーに診断できないこともあります。診断の確定できた病態から順に治療していきます。一つ症状が改善すると次の病態がみえてくるので、パズルを完成させるように、治療していくことになります。


顎関節症 ⇒  こちらをお読み下さい。
口腔顔面痛患者 ⇒  こちらをお読み下さい。


4. 自費の再生療法

歯周病で失われた歯グキや骨の組織を再生して、
抜かずに歯を延命することが期待できるようになりました。

再生療法とは?

再生療法とは、歯周病で溶けてしまった歯を支える歯根膜や骨を、エムドゲインゲルなどの薬剤やCGFを用いて再生させる治療のことです。歯の寿命を延ばすための、ひとつの方法です。

再生療法の対象は?
歯周病が進行してしまった場合
(1)エムドゲイン

薬を患部に塗ると歯根膜や骨が再生されるというものです。この治療法で使用される薬剤は、特殊なたんぱく質を主成分としたゲル状の「エムドゲインゲル」とよばれるものです。骨が無くなった場所にエムドゲインゲルを塗っておくと、本来備わっている再生能力が発揮され、歯根膜や骨が再生される可能性があります。
これは日本の厚生労働省の承認がなされておりますが、健康保険診療の適応にはなっておりません。

歯を支える骨が再生されたとしても、歯を骨につなぎ止める結合組織=歯根膜が同時にできなければ再生された骨は、本当の意味での支えにはなりえません。歯を骨につなぎ止める結合組織=歯根膜は、いわば、船の錨(いかり)ともいうべきものです。

(2)GBR法(CGF治療併用)

骨が失われた場所に、自分の骨(自家骨)や人工骨を盛ることで、骨を再生する方法を「GBR(Guided bone regeneration)法」とよびます。
骨が失われた箇所に細かく砕いた自身の骨をつめることで、約1年後には細かく砕いた骨が自分の骨に置き換わります。当院では、人工骨を使用しない方針のため、CGFという骨再生療法を併用しています。

CGF治療
「再生医療等安全性確保法」について

当院は、厚生労働省から「特定細胞加工物製造施設」として認められました。2014年11月25日に「再生医療等安全性確保法」が施工されました。そして、CGF療法が「第3種再生医療」に規定されました。今後、CGF療法を行うには、「特定細胞加工物製造施設」として届け出る義務が生じ、届け出後も「提供計画」や「定期報告」を提出する義務が生じます。

CGF治療とは

CGFは従来のPRPにかわる次世代の血小板濃縮フィブリン製剤として、歯科分野や再生医療分野など多くの分野での応用が期待されております。CGFは患者さんご自身の血液を専用の遠心分離機にかけることで抽出されます。添加物を一切用いない完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲルです。
手術前に患者さんの血液を採取し、CGF(concentrated growth factors)を作ります。このフィブリンゲルは、他の骨補填剤と違って、何より完全自己血液なので感染症についても安心度が高い治療法なのです。
手術の創傷治癒効果を促進させたり、人工の骨補填材のかわりに使用したり、人工のメンブレン(骨を増やすための膜)のかわりに使用したりし、骨を同時に増やすインプラント治療、歯周病の再生療法や外科的根の治療に併せて骨再生療法を行っております。

MEDIFUGE(メディフュージ)CGF専用遠心分離機

CGF作製専用遠心分離機「メディフュージ」を使用し、CGFを作製します。
血液中の凝固因子が自然に刺激され、遠心分離により赤血球が分離されるとともに、成長因子や血小板を多く含むフィブリンゲル、CGFが形成されます。
形成されたフィブリンゲル、CGFは凝固剤・トロンビン・CaCl2等の添加物を一切用いておりません。そのため感染のリスクを低減させることができます。

対象は?

● 歯周病が進行したため、骨を再生しなければ延命が図れない場合
● 根の治療がうまくいかなかったときに行う外科的歯内療法
(手術で根の先の病巣を取り除く方法)
● 骨が不足しているためインプラント手術を受けられない場合

※再生療法は万能ではなく、100%の成功をありえません。適応かどうかを含めて、成功率については主治医とよく相談し、時間をかけて決めることをすすめます。

5. 自費の神経を守る治療

神経をとることは、「歯が死んだ」ことを意味します。
残念ながら、現代医学では、むし歯がこじれた歯は
神経の処理をすることを覚悟する必要があります。
この治療は、歯の神経を守る可能性を追求する=歯を長く残すための提案です。

神経を守ることにこだわるのはナゼ?

歯の神経とは、歯の命・歯髄のことです。
歯は1本1本生きています。
神経を失うと、どんなデメリットがありますか?

①歯の寿命が縮まります。完全な治療・100 % の治療は不可能となります。
②枯れ木のように歯がもろくなり、折れる可能性が高くなります。
③根腐れを起こします。痛んだり腫れたりすることで抜くこともあります。
④むし歯が進んでも、神経がないので気付きません。
その結果、気付いた時には歯がボロボロで抜くことになります。

神経をとることは、「歯が死んだ」ことを意味します。
残念ながら、現代医学では、むし歯がこじれた歯は神経の処理をすることを覚悟する必要があります。

根の治療の成功率を上げる=歯を長く残すための提案です。
自費の根の治療を適正な費用で提供し、患者さんが「歯を残すことに時間と費用をかける」ことに関心をもってもらえれば幸いです。

どんな歯にこの治療が有効なんですか?
虫歯をとっている途中で
既に神経(歯髄)に穴があいた場合
+ 虫歯をとっている途中で
神経(歯髄)に穴があきそうな場合
顕微鏡・MTAをつかった神経を守る治療
マイクロスコープ(医療用顕微鏡)
ココに注目!!
最大20倍の拡大視野で観察できる
ミクロの世界(50ミクロン)が見えることで、治療の精度が向上する

MTA(歯の神経を守る薬)※自費治療でのみ毎回使用

MTAは1グラムが約1万5千円もする非常に高価な物なのです。残念な事に、この値段では保険診療で使う事は事実上できないのが現状です。
その為、MTAセメントは保険診療では扱えないのです。日本の保険制度における歯科治療には制限があるのが実情です。
そこで、当院では患者様のご理解を頂いた上で自費診療として虫歯に菌に侵された部分すべておおうのに、必要な十分な量のMTAセメントを用いています。

神経を守る治療(自費診療)の特色
自費診療
ラバーダム治療 ○ 使用
マイクロスコープ ○ 使用
使用する薬 十分な量のMTA

6. 自費の根の治療(根の治療専門の医療機関を紹介する場合があります。)

一人ひとりの顔が違うように、根の中の部屋の形も人それぞれです。
同じ方法(保険診療)で対応することには限界があります。
一人ひとりの歯根の形に合わせたオーダーメイドの対応(自由診療)も必要です。

根の治療とは?

むし歯がこじれると、歯の神経(歯の命・歯髄)の病気になります。放置すると、歯の神経は細菌に感染し腐ってしまいます。
さらに放置すると、歯の根っこが腐り、根の先に細菌の巣ができてしまいます。
その後は、歯は抜かれる道を歩んでいきます。

神経を失くした歯は、「歯の死」を意味し、もう100%の治療は不可能です。少しでも長く神経を失くした歯を残すためにできることが、「根の治療」です。

根の治療の成功率を上げる=歯を長く残すための提案です。
自費の根の治療を適正な費用で提供し、患者さんが「歯を残すことに時間と費用をかける」ことに関心をもってもらえれば幸いです。

不適切な治療の症例

当院の自費診療による症例

自費の根の治療の特徴
ラバーダム治療

ゴムのシートに小さな穴を開けて、そこに歯の頭を出し、金属製バネ(クランプ)で歯に固定する方法。

ココに注目!!
●唾液や細菌が外から侵入しない。
●口腔内から歯を遮断することができる。
マイクロスコープ(医療用顕微鏡)
ココに注目!!
最大20倍の拡大視野で観察できる
ミクロの世界(50ミクロン)が見えることで、治療の精度が向上する

MTA※自費治療でのみ毎回使用

欧米では当たり前の様に使われている成功率をあげる優れた薬ですが、日本では保険で認められていない高価なものです。20年の歴史があります。

根の治療(自費診療)の特色
自費診療
ラバーダム治療 ○ 使用
マイクロスコープ ○ 使用
器具素材 Ni-Tiファイル(チタン)
治療範囲 ◎ 3次元的に根の先まで
MTA ○ 使用
洗浄 ◎ 根の先まで洗う※注1
古い薬を取り切る ◎ 根の先まで取り切れる

保証について

どんなにいい治療でも100%の成功はありえません。今回の治療において、どうしても歯が持たない(抜歯するしかない)場合は、改めて治療方針の説明をさせていただき、代替となる治療を紹介させていただきます。

ページの先頭に戻る