お知らせNEWS & INFORMATION

NEWS & INFORMATION

お口の臭い、気になりませんか?

更新日:2020.6.15 |

20200616073708.jpg 20200616074206.jpg 20200616074229.jpg

20200616072729.jpg

「密」を防ぐためのご協力お願い

更新日:2020.5.28 |

 

 「緊急事態宣言」が解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、当院として、今後も、ソーシャルディスタンシング社会的距離) を始めとした対応を継続して参ります。ご協力頂けますよう、よろしくお願い致します。

 

 

当院の受診にあたり

 

●マスクの着用をお願い致します

 

●受付にて行います

 手の消毒

 「問診票」にて確認

 体温測定

 

●待合室と診療室の「密」を防ぐため

 受診して頂く患者様のご予約が、必ずしもご希望の日時にならない場合があります

 

●治療は、ご予約頂いた内容のみとさせて頂きます

 

●急患対応 (急な痛みや気になる所がある場合)

 無理せずに、お電話にてご相談下さい。待ち時間を少なくするためにも、お伝えした時間に間に合うようご来院ください。

 

●お付き添いの方

 待合室の密を防ぐためにも、患者様のお付き添いの方は お一人までさせて頂きます。


 何卒、ご理解ご協力頂けますよう、よろしくお願い致します。

 

 

ロールスクリーンを設置しました

更新日:2020.5.26 |

患者様同士の距離を保つため、ロールスクリーンを設置しました。

  

今後も、感染予防対策レベルの向上、換気とソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保についての改善を図ります。

 

ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

 

DSC00386.JPG

 

DSC00388.JPG 

(Vol.3) 「緊急事態措置」延長に伴うご協力お願い

更新日:2020.5.15 |

4月7日付 「国家緊急事態宣言」が発令されました。

さらに、4月12日付 「北海道・札幌市緊急共同宣言」が出され、5月4日には「緊急事態措置」を5月31日まで延長するに至りました。

 

また、政府は14日「国家緊急事態宣言」について、39県での解除を正式決定。

しかしながら、北海道は、残る8都道府県に留まっている状況 です。

 


当院では、延長を踏まえ、患者様、スタッフ及び皆様のご家族の安全確保、また、マスク等深刻な医療資源不足に直面している現状から、引き続き、一日の来院患者様数を3分の1とし、対応期間を 5月31日まで延長 致します。

 

 

これまで以上に、感染予防対策レベルの向上、特に、換気とソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保についての改善を図ります。

 

1. 院内感染を防ぐため、当院受診にあたり

   事前に 「手の消毒」、 「問診票」にて確認、「体温測定」 を行わせていただきます。

 

2. 一日の来院患者様数の制限

  必要な患者様へ、予約の延期等のご連絡を適宜させて頂いております。

 

 

 

患者様には大変ご不便をお掛け致しますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

(Vol.2) 新型コロナウイルス感染症の感染予防に伴うご協力お願い

更新日:2020.4.27 |

47日付 「国家緊急事態宣言」が、さらに、412日付「北海道・札幌市緊急共同宣言」が出されました。


当院では、患者様、スタッフ及びそれぞれのご家族の安全確保、また、マスク等深刻な医療資源不足に直面している現状から、413日より 感染予防対策レベルの向上と換気、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保を実施しております。


苦渋の選択ですが、一日の来院患者様数を3分の1にしております。電話にて、予約変更に応じていただいた患者様に、お詫びとともに感謝申し上げます。


 

 

 

現在診療中は、常に窓を開けて診療を行っております。

診療にあたっては、N95マスクを装着するなど、できる範囲での防護を行い診療にあたっております。


待合室や人の出入りについては、受付スタッフが人と人との距離に目を配っています。診療内容に応じて、エアロゾルの発生を防ぐために、処置する場所や道具に工夫を行っております。

 

 

公開 

ご不安なのでしょう・・・。 

取り乱し、歯科に対し、いつになく焦ったようなはげしい口調のお電話を頂くこともあります。そのような患者様におかれましては、予約を延期して頂くなど、頃合いをみてご連絡頂ければと思います。


当院の医療スタッフは、経験年数はもちろんのこと、当院勤務期間が長い者が多く、安心して治療を受けてもらえるような環境づくりと自ら向かい合っております。

通院中の患者様につきましては、お互いに気持ちが落ち着いた状態で、安全に治療を受けて頂けるよう考えていきます。

 


 アフター・コロナ

 気が早いといわれると思いますが、温かい言葉をかけて下さる通院中のほとんどの患者様のためにも、事態が収束した後に、より良い医療を提供できるよう、今から考えたいと思っております。


現在日本では、不要不急の歯科治療についての明確な定義は断定できません。「歯が痛むのですが通院してよいですか?」という質問を、お電話頂くことがあります。症状に付随する不安や日常のリズムを変えたくない患者様もいらっしゃると思います。どうか無理せずに、お電話でご相談下さい。

 

 

 

ページの先頭に戻る